読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学部6年のタカパラさん。

なんて生きにくい、この世界の中で。医学生やってます。

ダイエット薬 その2

やせ薬その2 代謝亢進薬 β2刺激薬 サルブタモール クレンブテノール 平滑筋弛緩作用があり、気管支喘息の治療に用いられている。 しかしβ1, β3刺激薬もあるため、副作用として心臓への陽性変力・変時作用、脂肪燃焼作用、骨格筋増強作用などがある。 危険な…

ダイエット薬 その1

やせ薬? 痩せる薬なんてあるのってよく聞かれる。 あるかないかで言えば、あると言える。ただし一般的な診療所や病院では保険診療内で処方してもらうのは難しいと言える。日本では適応が殆どないため、自由診療を行っているクリニックを探さなくてはいけな…

エチゾラム+発達障害=?

学生の立場では多くの患者を診ることは少ない。 病気というものの治療法は統計から導かれているものである。 我々が学ぶ医学はその賜物である。 しかし抗癌剤治療や、精神科的な治療の一部ではアートの要素が存在する。 大まかな治療方針は存在するのだが、…

エチゾラム、ゾピクロンの向精神病薬指定

なんだかんだでデパスは万能薬だったんで、向精神病薬指定は結構な痛手な気がする。 従来は何かがあったらデパスだったけど、これを契機に処方が改善するかもしれない。 以前、容量は忘れたけど、1錠だけ飲んでみたことがある。 精神的作用も、眠気に関して…