読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学部6年のタカパラさん。

なんて生きにくい、この世界の中で。医学生やってます。

自分の性格

頭で考えた行動がきちんととれていない気がする。

こうすれば上手くいくだろうなぁと頭で考えていてても、

つい衝動にまかせて、スマートでは無い行動をとってしまい自己嫌悪が訪れる。

自分はどこかしら発達障害的な性格を持っていて、人間関係の面では不得手なのである。

いっそのこと、苦悩ばかり引き起こす人間関係なんてものを切り捨てて自分の世界に籠もろうとしようとしたこともある。

浪人生の頃は自宅で勉強していたし、実際にそのようにしようと試みていた。

勉強が一番大事だと思ってたから、他に何もなくても構わなかったし、実際に一人の世界はかなり楽だった。

 

しかし入学してから変わった。

何人かと話してみて、人付き合いもそれほど悪くないなという気持ちを持つようになった。

今はむしろ勉強自体がやってどうなるのかという気持ちが芽生えはじめているし、勉強以外のものを探しはじめようとしている。

自分の性格というものは極端な方向へと容易に揺れ動くものなのだ。

 

最近は気付いたら心に大きな穴が空いたような感じになっている。

はじめは小さい穴で認識し始めた頃は高校を卒業したくらいだった。

私の少ない知人がそれぞれ違う道を進むことについて焦りを感じ、寂しさを感じたことが原因の一部なのかもしれない。

この穴を埋めるための充填物を探しているが、中々見つからない。

人間関係がこの物質かと思ったが、必要十分条件ではないように思える。

深い人間関係がこの物質なのかも知れないが、今はその様な関係を築ける人間はいない。

昔なら焦ってなんとかしてこの状況を打開しようとしていたが、今は肝心な来るべきのために力を蓄えようと考える知恵がある。

やはり奇異な行動をとるかもしれないが、気持ちとしては落ち着いて進もうとは思っている。