医学部6年のタカパラさん。

なんて生きにくい、この世界の中で。医学生やってます。

プシコロジ

学習された無気力からの脱出

大学に入学した頃は臆病だとはいえ、色々無茶なことをしていた。それで上手くいかないことはたくさんあったけど、上手くいったことも一部あった。だから差し引きで考えるとマイナスが圧倒的に多かった。 客観的にみると、そんなにマイナスが多かったという訳…

要領の悪さ

最近、自分の要領の悪さを自覚するたびに憂鬱になる。同じことをするだけなら、慣れがあってミスはあんまりなくて良いんだけど、新しい行動をすると、要領がいまいち掴めなくて、ミスがひどくなってしまう。慣れてないことは難しいってことは誰にとっても当…

精神科医にはなりませんよ

精神科医になろうかと思ってたけど、最近はその気持ちが揺らいでいる。精神病自体の勉強は自分にとってものすごく楽しいのは間違いないけど、その背後にいる患者を診ていくのはかなり厳しいのでは無いかと最近思っている。 最近、精神科の実習があって、教員…

受験勉強と言う名の投資

ぼくの部屋には机が無かった 勉強というのも投資の一部だと考えられている。 特に受験勉強は最も効率の良い投資の一つで、しかも資金も必要なく、必要なのは時間だけだという特殊性がある。 なら、時間が有り余って仕方が無い貧困層の受験生が有利であるかと…

愛着障害≠and≒発達障害

愛着障害と発達障害 岡田先生の愛着障害 子供時代を引きずる人々を読んだ。 この本によると結構な数の愛着障害は発達障害として診断されているとのことだった。もちろんこれらの疾患は名前が違えば、その中身も異なっており、愛着障害は養育者との関係不全が…